スポンサードリンク


0円投資から始めよう その5


 
あ もれ ぬ め を

 
ボビーです。

 騒ぐのはこれで最後にします。

 0円投資とは言うけれど、すでに私たちはマイナスの条件からスタートしているコトは前稿でお伝えしました。パソコン代、プロバイダー代、電気料、その代金に見合う利益、価値が得られていない人(私もその1人)が、ネット社会にそれ以上、投資する要はない。

 株式投資とか、商品相場、外国為替とかの投資経験のある方には、インターネットの普及によって、その手数料の急減は朗報かも知れません。しかし、外的投資対象というのは、常にマネーゲームの域を出ることはないのです。経済行為だといかに強弁しようとしても、それは、全般的経済行為ではなく、資本市場の中の一行為に過ぎないのです。

 金額の大きさに幻惑されて、私たちのクラシ、お金を売り渡し、失ってはなりません。

 ちょっと唐突かもしれませんが、インターネットは英語で作られています。人はコトバでモノを考える。バイリンガルの人はともかく、人はその母語でしかモノを考えられない。英語で考え出されたモノを、日本語で使おうとしているわけです。

 このブログもそうですが、日本語の縦書きを横書きにしさえすれば、英語的発想が出来ると思ったら大間違いです。文化が違うのです。

 個人事業主も、ネット起業家も、母語(日本語)を大切にしていただきたい。リアルビジネスにおいても、ネットビジネスにおいても、私たちは、日本語で考え、日本語で行動するしかないのですから。

 ネット上で何らかの投資行動を企図するのなら、相当の覚悟が必要です。つまり、コトバの差異に対する感度が必要です。思考法の差異が分かる要があります。

 ネットは道具です。ツールです。セールスも、アフィリエイトも、コトバ、つまり、言語、画像、動画、音声による総合表現です。

 いかなる事業であれ、この表現力の差は道具(ツール)で埋め合わせできるものではありません。このブログでは、ホームページの建て方、ブログ構築法を中心に、有益と思われる情報を提供したいと思っていますが、それ以上に大切なのは、事業展開に必要な表現力、思考力、文章力です。

 ビジネスだの、政治だの論じているヒマがあったら、ご自分のクラシ、仕事の問題や主張を人に訴え、伝える表現力を鍛えてください。
ネット社会が可能にしているのは、相互通信です。


タグ:表現力
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。